2014年12月16日

イカしてるぅ!

みなさん、こんにちは。
寒い日が続きますね。
風邪など引いていませんか?

私は寝る時に湯たんぽを愛用しています。
熱湯を入れてお布団に忍ばせておくと、朝までポカポカ!
朝はそのお湯を使って顔を洗います。
エコでしょ〜。
(足に当たっているけど中のお湯はきれいですから(^^ゞ)
遅い時間に入れると、朝になっても「あちっ!」ってくらい熱いままなんです。
なかなかいいもんですよ。

さて、そんな風に暖を取っている今日この頃・・・
隠岐・西ノ島町の仕事の担当さんから、事務所の皆さんへとたくさんのイカを送って頂きました。
獲れたての“活イカ活っちゃん”です!
さすが、町のゆるキャラになるだけあって新鮮!!
おっきぃー!!
そして、吸盤がくっつくー!!

家に持ち帰り、さて、どうしよう・・・
イカ刺、塩焼きはもちろんだけど・・・
せっかくの新鮮なイカだから・・・あれを作るっきゃないっしょ!
前に作って大成功だった、あ・れ!

というわけで、いざ、スタート!

新鮮なイカだ!

ね、おっきぃーでしょ。
とりあえず、身と耳とゲソと内臓に分けます。

皮をはいで・・・

今回は身の部分だけを使うことにしました。
耳とゲソはきれいにして冷凍に。
解凍して茹でたのをサラダに入れたり、お好み焼きに入れたり。
ゲソは塩焼きにして柚子やすだちの柑橘系をぎゅーっと絞って!
刻んで魚のミンチと混ぜた団子を揚げたり、みそ汁に入れたり・・・夢(?)が膨らみます!

さてさて、たっぷり夢が膨らんだところで、あ・れ!の調理に戻りましょう。
ボールに、あってもないぞー・・・(-_-;)・・内臓を薄皮から絞り出して入れます。
今回はイカ4ハイだったので、4内蔵。
そこへ塩を適当に入れます。
(んー、今回は小さじ4、5杯は入れたかな。適当でスミマセン。)
臭み消しにお酒もちょぼっと入れてよくよく混ぜます。
もう、あ・れ!が何なのかわかってきたかな?

そして、身ぐるみ剥された・・・言い方がワルいですね。
皮を剥いだイカを刺身のように切って、どんどんボールへ投入!


あとはお好みで鷹の爪をパラパラっと入れます。

タカの爪を入れて・・・

ピリッと効いた、お・と・な・の味になりますよ♪

きれいにした保存ビンに移して、

保存ビンに。


蓋をすれば、OKです!

らしくなったな。

冷蔵庫に入れて、時々、ドキドキしながら混ぜましょう!
時々、味見もしてみましょう!(ドキドキしますよ)
最初はしょっぱさが勝っていて尖った味だったのが、だんだんまろやかなしょっぱさに変化してきます。
一週間もすればおいしいイカの塩辛に〜♪
これが本当の作り方なのかどうかわかりませんが、前回、おいしく出来たので大丈夫ですよ。

まだ“味見期間中”なのですが、いい感じに仕上がりつつあります。
この前作った時にちょうど柚子があったので、ちょっと絞って食べてみたら・・・
あー、合う!合う!
さっぱりしてとてもおいしくいただけました。
今度もぜひ、これをやってみたい!

先日、盛岡に行ったおみやげに、と友達から日本酒をもらいました。
口を切るのをぐぐっと我慢して、この塩辛を肴に一杯やりたいと思っています!
って、まるで酒呑みみたいじゃないかー!
そんなことないのにー!
・・・いや、んー、強く否定もできないかな・・・。

しばしおまちを。

今はただ、ひたすら“塩辛待ち”の日々なのでございます・・・。
たのしみだなぁ〜♪


posted by 桃笑 at 12:53| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 作ってみました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。